Dive into the field Design solutions Develop services

人工知能などのソフトウェアと人間が連携・協働することで、社会の実問題を解決する社会知能の実現を目指します。
desktop_mac
サービス
コンピューティング

QoS (速度、頑健性等)や提供ポリシーを考慮したサービスの自動合成技術や、サービスの連携ネットワークに基づく推薦技術などに取り組みます。

translate
言語資源

低資源言語の言語データを構築するためにクラウドソーシングと機械学習を組み合わせた人間-機械協働の社会技術アプローチや、ニューラル機械翻訳の社会適応に取り組みます。

group
異文化コラボレーション

世界の子供たちの異文化交流や多文化共生社会を支援するために、文化差を考慮した異文化コラボレーションや多言語コミュニケーションの支援技術に取り組みます。

Recent News

Lab News
社会知能研究室に新メンバーが加わりました。
2020年10月1日
2019年度学部4回生(1期生))が卒業しました!
2020年3月19日
Research News
村上准教授らの論文"Plan Optimization to Bilingual Dictionary Induction for Low-Resource Language Families"がACM Transactions on Asian and Low-Resource Language Information Processingに採録されました。
October 4th, 2020
村上准教授がユネスコで開催されたLT4Allで“Language Sphere: A Sociotechnical Approach to Bilingual Dictionary Creation for Indigenous Languages”について講演を行いました。
2019年12月5日

Projects

Language Sphere
言語スフィアは危機言語を救うために,人間と機械の協働によって同一言語族の低資源言語の言語資源を網羅的に作成することを目指しています.特にインドネシアの地方語の対訳辞書を対象にプロジェクトを推進しています.
Language Grid
言語グリッドは世界中の機械翻訳や辞書などの言語サービスを共有するための多言語サービス基盤です.共有されている言語サービスを組み合わせることでユーザが現場で必要としている言語サービスを構築することができます.
IC4C
異言語・異文化の壁を越えて児童たちのコミュニケーションやコラボレーションを支援する技術を開発しています.特にNPOパンゲアのKISSYと呼ばれるサマースクールを共催し,児童のための多言語環境を構築しています.
Multilingual Studio
多言語工房は言語グリッドによって提供される各言語サービスのAPIに容易にアクセス可能とするクライアントライブラリを開発しています.

Our Members

大久保 弘基
修士1回生
地田 大樹
修士1回生
西村 一球
修士1回生

元澤 海月
修士1回生
RESIANDI Kartika Findra
M1
高田 雅央
学部4回生
大井 也史
学部4回生
佐藤 旭
学部4回生
張 禹王
学部4回生
舛田 晃一
学部4回生
松岡 勇樹
学部4回生
松原 駿樹
学部4回生
三輪 花楓
学部4回生
叶 峰
学部4回生
吉村 佑久
学部4回生
李 闖
学部3回生
上野 颯人
学部3回生
江口 美裕
学部3回生
木田 晴斗
学部3回生
新川 あかり
学部3回生
横手 詩弓
学部3回生
DING Hao
学部3回生
ZHONG Ganghui
学部3回生
ZHANG Yuxuan
学部3回生